福岡県で人材育成研修を行う「熱血マナー講師 山田真由美」は、「従来の研修に対するイメージを変えて、しかも、御社の文化に合わせた人間力 人材育成研修をご提供することで、御社のさらなる繁栄に貢献いたします。」

熱血マナー講師 山田真由美のブログ

サーバーエラー

ホームページからのフォームにての

お問い合わせのメールがこちらに届かない不具合が発生しております。

もし、お問い合わせしたのに

こちらから返信がない場合には

お手数をおかけしますがお電話でのご連絡をお願いいたします。

 

おもてなし

44A11340-EB98-4C25-B780-F3AE7E01C1F8

今日訪問した会社の受付です。

こうして名前を書いてくださると

歓迎されてるのが

伝わってきて嬉しくなります。

 

ベルを押して名前を告げると

「お待ちしておりました」と言われました。

社長より社員へ来客者の伝言が伝わっているようです。

御社では来客者をどのように

おもてなしされてますか?

 

研修のイメージ

 

あなたは研修にどんなイメージを持っていますか?

退屈しそう

堅苦しそう

こんな風に思っていませんか?

 

研修というものは

学ぶ場なのです。

自分が成長することは

人は無意識のレベルで求めています。

 

スマイルファクトリーの研修に

参加された方々はみなさん

“楽しい!”   と言われます。

 

研修を心待ちにされる

社員さんもいらっしゃいます。

研修のイメージが変わるかもしれません。

 

 

 

2枚のポイントカード

ポイントカードのお話しです。

2枚のポイントカードがあります。

 

A店のポイントカード

写真 2018-05-21 16 00 53

このポイントカードの有効期限は

発行日より6か月です。

1年だったり、6か月だったりします。

よくあるパターンです。

ポイントの数は20個。

6か月でさて20個うまることができるのか考えました。

うまることなく有効期限が切れることが予想できます。

ポイントをためていても

有効期限が切れてまた新しいカードに変わるというお客さんが少なくないのではないでしょうか?

 

私はこのお店のポイントカードは破棄することにしました。

 

 

そもそも

ポイントカードの目的とは何なのでしょうか?

「お客さまに何度も来ていただくため」

なのではないでしょうか?

 

そもそも

有効期限はなぜあるのでしょうか?

「期限を決めることでお客さまの行動を促すため」

なのではないでしょうか?

 

有効期限を決めているのは

店側の都合なのではないでしょうか?

店側の都合がでてしまっているのは

顧客満足とは言えません。

 

 

ちなみに

もう1枚のポイントカードがあります。

 B店のポイントカード

写真 2018-05-21 16 08 16

 

 

こちらは40個なのですが

有効期限がありません。

だから

ずっとお客さんの財布の中に生き残るカードなのかもしれません。

 

 

ポイントカードは

何のためなのか?

誰のためのものなのか?

考えてみませんか?

まだまだ輝くことができる!

私はヘアメークは身だしなみ程度

ネイルはしていません。

指輪などの貴金属もつけていません。

飾りっ気のない私です。

 

ところが

10年前の自分自身よりも

20年前の自分自身よりも

今の方が輝いているのです。

 

表面だけを磨いても

いつかメッキは剥がれてしまうから

私がしてきたことは

外見ではなく

内面を磨いてきました。

 

現在の自分自身が

人生史上美しさを迎えています。

そうなのです。

私たちはまだまだ輝くことができるのです!

 

同年代の人へ

くたびれるな!

年齢を言い訳にするな!

と言いたいです。

 

若い世代の人へ

歳を重ねることを

怖がらないで大丈夫です。

今のチャレンジを楽しんでください。

 

 

 

絵に描いた顧客満足

ある料理教室でのお話です。

 

人気No.1の料理講師は

料理教室のスタッフとの

打ち合わせの際に

このように言われたそうです。

 

「品数が多いので

他の先生たちに合わして減らしてください」と。

短い時間でできるものだから

教室の時間内で充分可能でしかも

食材費もそうかからないのです。

 

その人気講師は

お客さんを喜ばせたい、満足してもらいたいと

思うからこそ他の講師より

1、2品多くなったのでした。

 

 

統一する必要性は理解できますが

なぜ、人気講師を見習わず、

下に合わせようとするのか

私は疑問に思うのです。

 

さて、その料理教室の会社は

顧客満足を掲げています。

 

顧客満足をどのように

とらえているのでしょうか?

 

 

 

 

御社にとっての

顧客満足は

絵に描いた餅になっていませんか?

新入社員にとって大切なこととは

テレビ局のスタッフさんから

「新入社員が心がけることはどんなことでしょうか?」

と、電話で質問されました。

 

心がけてもらいたいことは

いろいろあるので

一言で伝えるのは難しいですね。

 

 

「懇親会の席はいきなり上座に座らない」

「挨拶は自分から元気よくしよう」など

いろいろありますが

大切なことは、

その行動よりも、

”なぜそうなのか”を知った上で行動することなのです。

 

新入社員だけではなく、

若手社員は、”答え”を早く知りたがるようです。

”失敗したくない”

のかもしれません。

 

新入社員にとって

若手社員にとって

大切なことは何でしょうか?

 

 

”自ら考え、自ら行動する人”に

成長していくために

”なぜ、そうなのか?”を考えることが大切なのです。

 

”答え”を知っても

他のことが起こったら対処できません。

”答え”よりも

”答えを導きだした計算式”を持つことが

大切なのではないでしょうか。

 

あなたはどう考えますか?

 

 

マナー研修とは若手だけのものでしょうか!?

ある会社の階層別の

社員研修の一覧表を見せていただきました。

 

その中のひとつに

マナー研修がありました。

でも、対象者は、新入社員と若手社員のみなのです。

 

中堅社員、管理職、経営陣は

マナー研修からはずれています。

 

なぜ、マナー研修の対象者が

新入社員や若手社員のみなのでしょうか?

お尋ねすると

「中堅社員たちには

マナーよりも他の技能を身につけさせたいから」だそうです。

なるほど。お気持ちはわかります。

 

それでは、マナーとは何でしょうか?

また、マナーは何のためにするものなのでしょうか?

「マナーのこころ」の研修にて

みなさんに質問しますが明確に答えられる人はほとんどいません。

 

マナーは若手社員だけのものではなく

人としての生きる道にも通じる

大切なことなのです。

 

そして、弊社の「マナーのこころ」は

経営陣やベテラン社員たちの

胸に深く入りこころに響いている方が多いのです。

 

 

マナー研修「マナーのこころ」は

経営陣やベテラン社員の方々にこそ

受けていただきたい研修なのです。

 

研修はイベントなのか?

御社にとって

研修はどのように捉えていますか?

 

忘年会や新年会などのように

会社のイベントでしょうか?

 

入社して年数の経たない

若手社員を研修担当者にする会社は、

研修をイベントと捉えているのかもしれません。

 

イベントになると

実施することが目的になりがちです。

 

研修は、人材育成であり

経営3本柱の中の一つなのです。

御社の経営理念はどのような思いで作られたのでしょうか?

社長さまが大事にされていることは何でしょうか?

目指す人材像とは?

などなど経営者または

経営に携わってる方からの

お話を聞かせていただきたいのです。

 

 

初夢

あなたの初夢は何ですか?

 

私の初夢は

研修をしていました。

 

定期的に研修を実施している企業のようです。

まだお会いしたことがない人たちでした。

 

 

楽しそうに参加されている

みなさんを見ながら

私は質問します。

手が次々と上がり

みなさんの言葉を

興味深く聞いている。

 

 

そんな夢でした。

私にとっては最高の初夢です。

晴れやかな気持ちで

酉年が始まりました。

 

 

あなたの初夢は何ですか?

 

 

 

 

 

「熱血マナー講師 山田真由美のスマイルファクトリー」は、福岡県にあります。

ご依頼があり、ご希望であれば、喜んで御社に伺います。 御社の目指される人材像、ご要望、現在の課題などをどうぞお話ください。 丁寧な打ち合わせを経て、お見積りいたします。 もちろん、お見積りは無料です。 御社にご納得していただけたら、人間力 人材育成研修を実施いたします。 当社は、売り込みは決していたしませんのでご安心ください。

「熱血マナー講師 山田真由美のスマイルファクトリー」に興味がわきましたら、お電話の場合は 今すぐ TEL:0949-62-7450

受付時間:月〜土 午前9時〜午後5時 (休日:日・祝日)

※山田が人材育成研修中のときは、留守電に会社名、お名前とお電話番号をお伝えください。

こちらから折り返しご連絡いたします。

「ホームページを見て、人材育成研修の件でお電話していますが、・・・」とおっしゃってください。

あなた様とのご縁を大切にいたします。お電話お待ちしております。

ありがとうございます。

実際のカウンセリングの依頼がなければ、一銭も支払う必要はございません。

私たちは、決して売り込みはいたしませんので、ご安心ください。