福岡県で人材育成研修を行う「熱血マナー講師 山田真由美」は、「従来の研修に対するイメージを変えて、しかも、御社の文化に合わせた人間力 人材育成研修をご提供することで、御社のさらなる繁栄に貢献いたします。」

熱血マナー講師 山田真由美のブログ

絵に描いた顧客満足

ある料理教室でのお話です。

 

人気No.1の料理講師は

料理教室のスタッフとの

打ち合わせの際に

このように言われたそうです。

 

「品数が多いので

他の先生たちに合わして減らしてください」と。

短い時間でできるものだから

教室の時間内で充分可能でしかも

食材費もそうかからないのです。

 

その人気講師は

お客さんを喜ばせたい、満足してもらいたいと

思うからこそ他の講師より

1、2品多くなったのでした。

 

 

統一する必要性は理解できますが

なぜ、人気講師を見習わず、

下に合わせようとするのか

私は疑問に思うのです。

 

さて、その料理教室の会社は

顧客満足を掲げています。

 

顧客満足をどのように

とらえているのでしょうか?

 

 

 

 

御社にとっての

顧客満足は

絵に描いた餅になっていませんか?

新入社員にとって大切なこととは

テレビ局のスタッフさんから

「新入社員が心がけることはどんなことでしょうか?」

と、電話で質問されました。

 

心がけてもらいたいことは

いろいろあるので

一言で伝えるのは難しいですね。

 

 

「懇親会の席はいきなり上座に座らない」

「挨拶は自分から元気よくしよう」など

いろいろありますが

大切なことは、

その行動よりも、

”なぜそうなのか”を知った上で行動することなのです。

 

新入社員だけではなく、

若手社員は、”答え”を早く知りたがるようです。

”失敗したくない”

のかもしれません。

 

新入社員にとって

若手社員にとって

大切なことは何でしょうか?

 

 

”自ら考え、自ら行動する人”に

成長していくために

”なぜ、そうなのか?”を考えることが大切なのです。

 

”答え”を知っても

他のことが起こったら対処できません。

”答え”よりも

”答えを導きだした計算式”を持つことが

大切なのではないでしょうか。

 

あなたはどう考えますか?

 

 

マナー研修とは若手だけのものでしょうか!?

ある会社の階層別の

社員研修の一覧表を見せていただきました。

 

その中のひとつに

マナー研修がありました。

でも、対象者は、新入社員と若手社員のみなのです。

 

中堅社員、管理職、経営陣は

マナー研修からはずれています。

 

なぜ、マナー研修の対象者が

新入社員や若手社員のみなのでしょうか?

お尋ねすると

「中堅社員たちには

マナーよりも他の技能を身につけさせたいから」だそうです。

なるほど。お気持ちはわかります。

 

それでは、マナーとは何でしょうか?

また、マナーは何のためにするものなのでしょうか?

「マナーのこころ」の研修にて

みなさんに質問しますが明確に答えられる人はほとんどいません。

 

マナーは若手社員だけのものではなく

人としての生きる道にも通じる

大切なことなのです。

 

そして、弊社の「マナーのこころ」は

経営陣やベテラン社員たちの

胸に深く入りこころに響いている方が多いのです。

 

 

マナー研修「マナーのこころ」は

経営陣やベテラン社員の方々にこそ

受けていただきたい研修なのです。

 

研修はイベントなのか?

御社にとって

研修はどのように捉えていますか?

 

忘年会や新年会などのように

会社のイベントでしょうか?

 

入社して年数の経たない

若手社員を研修担当者にする会社は、

研修をイベントと捉えているのかもしれません。

 

イベントになると

実施することが目的になりがちです。

 

研修は、人材育成であり

経営3本柱の中の一つなのです。

御社の経営理念はどのような思いで作られたのでしょうか?

社長さまが大事にされていることは何でしょうか?

目指す人材像とは?

などなど経営者または

経営に携わってる方からの

お話を聞かせていただきたいのです。

 

 

初夢

あなたの初夢は何ですか?

 

私の初夢は

研修をしていました。

 

定期的に研修を実施している企業のようです。

まだお会いしたことがない人たちでした。

 

 

楽しそうに参加されている

みなさんを見ながら

私は質問します。

手が次々と上がり

みなさんの言葉を

興味深く聞いている。

 

 

そんな夢でした。

私にとっては最高の初夢です。

晴れやかな気持ちで

酉年が始まりました。

 

 

あなたの初夢は何ですか?

 

 

 

 

 

だめだったら乞食になればいい

映画「海賊と呼ばれた男」を観ました。

 

その中で

忘れられない言葉があります。

 

経営状態が悪く

倒産寸前の時 に

「だめだったらで乞食になればいい」

という言葉です。

 

どんなに最悪な状態でも

命まではとられません。

 

 

 

失敗したらどうしよう。

もうだめだ〜

そんなことばかり考えていたのでは

打てる手も浮かばなくなります。

 

 

やれるだけのことはやるんだ!

最後まであきらめない。

どうしようもなくなった時がきたら

煮るなり焼くなり好きにしろ!

そんな風に腹をくくると

囚われていたこころから解放されます。

人からの評価や体裁など

どうでもよくなります。

 

結果としてうまくいけばいいけど

たとえ

うまくいかなくても

全力をだしきっているので

悔いは残らないのではありませんか?

 

 

「だめだったら乞食になればいい」

元気にさせてくれる

言葉です。

 

 

 

 

 

あなたには夢はありますか?

あなたには夢はありますか?

 

夢を持つと

自分の進むべき道が見えてくるし

イキイキと輝いてきます。

 

夢があると素敵です。

でも、夢がないのなら

人の夢を自分の夢にすることができるのです。

 

人の夢を自分の夢にするとは

人の夢が叶うように

手伝うことです。

 

例えば

社員なら社長の夢を

妻なら夫の夢を

自分も一緒になって

夢を見て邁進することです。

 

だから、

経営者である

あなたはには

ぜひ社員に夢を

語っていただきたいのです。

 

 

そして、

私にもその夢を

叶えるお手伝いをさせてもらえませんか。

 

 

 

 

仕事への取り組む姿勢が違う!

ある会社の北九州事業所の

全社員を対象とした人材育成研修を

定期的に実施しています。

 

その会社の本社の人が

視察に来られた時に

「北九州は変わった!

以前と比べて全然違う。

仕事への取り組む姿勢が積極的になってる!」

と言われたそうです。

 

 

また北九州事業所の

所長をなさってる方も

 

「会議の中でも以前は

数人からしか意見が出なかったけど

今は1/3くらいの社員から出るようになってきた」

とおっしゃいました。

 

本社の会議の中で

「北九州が変わった要因として

スマイルファクトリーの研修があるから

時間があれば受けに行くように」

と本社の幹部社員へ社長が

おっしゃったそうです。

 

研修に参加された皆さんのことを

褒められるのが

とても嬉しくて感動しました。

ありがとうございます。

 

 

 

 

ある女性事務員の物語

研修を継続的に
実施することによって、
著しく成長していく社員がいます。

 

事務をしているAさん(女性)もそのひとりです。
電話をとることにためらい
なかなか電話にでない。

 

ふだんの業務でも
「わかりません。わかりません。」と
言って黙ってしまう。
同じようなミスを繰り返す。

 

上司から厳しく叱られると
落ち込むが
改善せずの悪循環に陥っていました。

 

研修に継続的に参加し
Aさんは明るくなってきました。
逃げていた電話も自分から
とるようになりました。

 

そうなのです。
Aさんはわからなかったのです。

 
そうなのです。
教えられていなかったのです。

 
頭ごなしに叱られ
どうしたらいいのかわからず
落ち込むばかりだったのです。

 

また彼女が難しいと思われるところを
さりげなく他の社員が
フォローするようになったのです。
同僚愛ですね。
同僚たちの明るく前向きな
姿勢に引っ張られるように
Aさんは笑顔を取り戻したのです。

「熱血マナー講師 山田真由美のスマイルファクトリー」は、福岡県にあります。

ご依頼があり、ご希望であれば、喜んで御社に伺います。 御社の目指される人材像、ご要望、現在の課題などをどうぞお話ください。 丁寧な打ち合わせを経て、お見積りいたします。 もちろん、お見積りは無料です。 御社にご納得していただけたら、人間力 人材育成研修を実施いたします。 当社は、売り込みは決していたしませんのでご安心ください。

「熱血マナー講師 山田真由美のスマイルファクトリー」に興味がわきましたら、お電話の場合は 今すぐ TEL:0949-62-7450

受付時間:月〜土 午前9時〜午後5時 (休日:日・祝日)

※山田が人材育成研修中のときは、留守電に会社名、お名前とお電話番号をお伝えください。

こちらから折り返しご連絡いたします。

「ホームページを見て、人材育成研修の件でお電話していますが、・・・」とおっしゃってください。

あなた様とのご縁を大切にいたします。お電話お待ちしております。

ありがとうございます。

実際のカウンセリングの依頼がなければ、一銭も支払う必要はございません。

私たちは、決して売り込みはいたしませんので、ご安心ください。