2枚のポイントカード

ポイントカードのお話しです。

2枚のポイントカードがあります。

 

A店のポイントカード

写真 2018-05-21 16 00 53

このポイントカードの有効期限は

発行日より6か月です。

1年だったり、6か月だったりします。

よくあるパターンです。

ポイントの数は20個。

6か月でさて20個うまることができるのか考えました。

うまることなく有効期限が切れることが予想できます。

ポイントをためていても

有効期限が切れてまた新しいカードに変わるというお客さんが少なくないのではないでしょうか?

 

私はこのお店のポイントカードは破棄することにしました。

 

 

そもそも

ポイントカードの目的とは何なのでしょうか?

「お客さまに何度も来ていただくため」

なのではないでしょうか?

 

そもそも

有効期限はなぜあるのでしょうか?

「期限を決めることでお客さまの行動を促すため」

なのではないでしょうか?

 

有効期限を決めているのは

店側の都合なのではないでしょうか?

店側の都合がでてしまっているのは

顧客満足とは言えません。

 

 

ちなみに

もう1枚のポイントカードがあります。

 B店のポイントカード

写真 2018-05-21 16 08 16

 

 

こちらは40個なのですが

有効期限がありません。

だから

ずっとお客さんの財布の中に生き残るカードなのかもしれません。

 

 

ポイントカードは

何のためなのか?

誰のためのものなのか?

考えてみませんか?

「熱血マナー講師 山田真由美のスマイルファクトリー」は、福岡県にあります。

ご依頼があり、ご希望であれば、喜んで御社に伺います。 御社の目指される人材像、ご要望、現在の課題などをどうぞお話ください。 丁寧な打ち合わせを経て、お見積りいたします。 もちろん、お見積りは無料です。 御社にご納得していただけたら、人間力 人材育成研修を実施いたします。 当社は、売り込みは決していたしませんのでご安心ください。

「熱血マナー講師 山田真由美のスマイルファクトリー」に興味がわきましたら、お電話の場合は 今すぐ TEL:0949-62-7450

受付時間:月〜土 午前9時〜午後5時 (休日:日・祝日)

※山田が人材育成研修中のときは、留守電に会社名、お名前とお電話番号をお伝えください。

こちらから折り返しご連絡いたします。

「ホームページを見て、人材育成研修の件でお電話していますが、・・・」とおっしゃってください。

あなた様とのご縁を大切にいたします。お電話お待ちしております。

ありがとうございます。

実際のカウンセリングの依頼がなければ、一銭も支払う必要はございません。

私たちは、決して売り込みはいたしませんので、ご安心ください。